妊娠中の方へ~マタニティ歯科のご案内~

妊娠中の方へ~マタニティ歯科のご案内~

「出産すると歯がボロボロになる」といった話を聞いたことがあるでしょうか? この言葉の後には、たいてい「(赤ちゃんに)カルシウムを奪われて……」と続きます。出産後にお口の状態が悪くなり、歯を失ってしまうお母さんの割合が増加するのは事実。しかし、その理由は「カルシウムなどの栄養の不足」ではありません。妊娠中の口腔ケアが不十分だから起こるのです。

出産後のお口の健康作りは、妊娠中から始まっています。こちらでは、三郷市の歯医者「まつお歯科」が妊婦さんの歯科受診に対応したマタニティ歯科についてご説明します。

妊娠中の口腔ケアはしっかりと

妊娠中の口腔ケアはしっかりと

妊娠中の女性の身体は、ホルモンバランスの変化によって免疫力が低下する傾向にあります。虫歯歯周病といったお口のトラブルは、どれも細菌による感染症。細菌の中には、女性ホルモンの増加にともなって増殖するものもあります。さらに、つわりで口腔ケアがそれまでのようにできなくなったり、産後は赤ちゃんの世話で手一杯になったりして、自分のことは後回しになってしまうケースが多く、お口の健康状態が悪くなるのです。

妊娠中の口腔内環境は、お腹の赤ちゃんの健康や生まれてきた赤ちゃんの虫歯感染にも悪影響を及ぼすことがあります。当院では、妊娠中のお母さんに適切な口腔ケアをご提案・ご提供するマタニティ歯科を設けています。さまざまな診療シーンで妊婦さんの身体へ配慮をし、妊娠中特有のお口の症状に対応しますので、安心してお越しください。

妊娠がわかったという方、またこれから妊娠する計画があるという方は、一度当院のマタニティ歯科を受診してください。歯科医師・歯科衛生士とともに、健やかなお口で赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

妊娠中の治療のタイミング

妊娠初期
1~4ヶ月
この時期は切迫流産を起こしやすいため、歯科治療はできるだけ控えたほうがよいでしょう。当院でも、痛みや腫れ、出血など緊急の処置が必要な場合にのみ対応いたします。
妊娠中期
5~8ヶ月
安定期と呼ばれるこの時期が、妊娠中の歯科受診には最適です。特別なケースでない限り、治療に問題はありません。妊娠後期に入るまでに、悪いところは治しておきましょう。
妊娠後期
9ヶ月~
いつ陣痛が起こってもおかしくない9ヶ月以降は、治療はできるだけ避けるようにします。治療が長引いた場合はいったんお休みし、産後に治療を再開することになります。

妊娠性歯周炎の危険性

妊娠性歯周炎の危険性

妊娠中の方に特に気をつけていただきたいのが「妊娠性歯周炎」です。妊娠性歯周炎は、妊娠期特有の歯周病。歯周病菌が血管内に入り込むと、サイトカインという物質を放出し、身体へ「出産時期が来た」と間違ったシグナルを出してしまうのです。そのため、子宮に陣痛に似た収縮が起こり、早産や低体重児出産のリスクが高まってしまうのです。

妊娠性歯周炎は、高齢出産、妊娠中のアルコール摂取・喫煙などよりも早産や低体重児出産の危険性を高めるというデータがあります。お腹の赤ちゃんのためにも、お母さんのお口の中を健康に保つよう心がけましょう。

マタニティ歯科のQ&A

妊娠3ヶ月ですが歯の治療を受けられますか?
急を要する症状があるようなら、処置が必要ですので治療にも対応します。しかし、できることなら、安全を期して安定期(5~9ヶ月)の受診をおすすめします。もしご自分で判断に迷うような症状があるなら、当院へ遠慮なくご相談ください。
妊娠中のレントゲン撮影はお腹の赤ちゃんに影響を与えませんか?
歯科のレントゲン撮影は、お腹から離れているためさほど影響を与えないと考えられています。また、当院ではレントゲン撮影時にはX線を遮断する専用エプロンを着けていただきますので、さらに安全性は高まります。とはいえ、できるならレントゲン撮影や治療が必要な状態にならないことがベター。お口のトラブルが発生しないよう、妊娠前に予防ケアをしっかりしておきましょう。
妊娠中に歯科医院では薬を出してくれますか?飲んでも大丈夫ですか?
基本的には、妊娠中の薬の服用は控えるべきとされていますが、産婦人科の見地から抗生物質・鎮痛剤ともに安全性の高いと認められているものがあります。処方はいたしますが、念には念を入れて量を最小限に抑えてお出しします。
妊娠中の歯周病を予防するにはどんなことを心がけるといいですか?
まず、妊娠前から歯科医院の定期検診などの予防ケアを受けておきましょう。また、つわりの時期にはお口の中で細菌が繁殖しないよう、ブラッシングやうがいをなんとか続けましょう。歯みがきペーストやデンタルリンスの味がつらい場合は歯ブラシだけでもOK。ブラッシングも困難な場合は、食後に水や緑茶でうがいするだけでも効果があります。
歯の治療で麻酔を打っても大丈夫なんですか?
歯科治療で行う麻酔は「全身麻酔」ではなく「局所麻酔」なので、胎児に影響を与える心配はないと考えられています。激しい痛みなどがある場合は、お母さんのストレスが赤ちゃんに悪影響となることもありますので、適宜麻酔を使用することがあります。とはいえ、妊娠中はそういった治療が不要であるほうがいいですね。
お母さんから赤ちゃんへ虫歯がうつるって本当ですか?
はい、本当です。虫歯は感染症なので、お母さんや周囲の大人など赤ちゃんのお世話をする人の唾液を介して感染すると考えられています。くわしくは「子どもの歯を守るために~小児歯科~」の ページでご説明していますので、ぜひご一読ください。

三郷駅から通える歯医者「まつお歯科」電話番号048-950-5588土日診療 / 駐車場13台 / バリアフリー / キッズスペースあり

ページの先頭へ戻る