歯が「痛い」「しみる」なら虫歯を疑いましょう

「歯が痛い」「歯がしみる」といった症状は虫歯の代表的なサインです。ひどい虫歯を放置したり、治療を何度も重ねたりすると、いずれ歯を失ってしまうことにつながります。虫歯はできるだけ早めに対処することで、歯を長持ちさせることが可能です。歯に異変を感じたら、痛みやしみる症状が出る前にまずは三郷市の歯医者「まつお歯科」へご相談ください。

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯は、ミュータンス菌に代表される虫歯菌によって引き起こされる細菌性の感染症です。食べ物に含まれる糖分が食後のお口に残ると、虫歯菌がそれを栄養源にして「酸」を作り出します。この酸によって歯質が溶かされてしまうのが虫歯です。そこで、食後の適切なタイミングでブラッシングや口腔ケアを行って糖分を落としたり、酸性に傾いた口腔内を中性に戻したりすることが大切になってきます。

虫歯の進行と治療法

  進行段階 状態・症状 治療法
C0 C0 【ごく初期の虫歯】
歯質表面のエナメル質がわずかに溶かされています。歯の表面が白濁して見えるだけで、痛みなどの自覚症状はありません。
この段階の虫歯は、再石灰化を促せば自然治癒することがあります。適切なブラッシングやフッ素塗布を丁寧に続ける必要があります。
C1 C1 【エナメル質の虫歯】
歯の表面に黒もしくは茶色っぽく変色が見られます。冷たいものを口にするとしみる症状が出ることがあります。
虫歯になっている歯質を削って、白い歯科用プラスチック(レジン)で埋める処置を行います。
C2 C2 【象牙質の虫歯】
エナメル質の下にある象牙質まで酸に溶かされています。冷たいものだけでなく、甘いものがしみるようになります。痛みはこの頃から出始めます。
虫歯に汚染されている歯質を削り取り、詰め物を装着して削った部分の歯を補います。
C3 C3 【神経まで到達した虫歯】
歯髄(神経や血管の集まり)まで虫歯に感染しています。何もしていないときもズキズキと歯が痛みます。あたたかいものもしみるようになります。
ここまで虫歯が進行すると、歯髄を取り除く「根管治療」を行う必要があります。
C4 C4 【末期の虫歯】
歯冠の大部分が溶かされてしまっています。神経が死んでいるため痛みは感じませんが、放置すると歯根内で膿みが出て、激しい痛みや腫れが生じます。
ここまで虫歯を放置すると、抜歯するしかありません。抜歯後は、インプラント入れ歯で歯の機能を補う必要があります。

無痛治療の取り組み

無痛治療の取り組み

三郷市の歯医者「まつお歯科」では、MI(ミニマル・インターベンション)の考え方に基づき、麻酔時の痛みを軽減する無痛治療への取り組みを行っています。無痛治療は、「完全に痛みがなくなる治療」ではなく、「痛みをできるだけ感じさせない工夫や処置」です。感じ方には個人差がありますが、できるだけ多くの方の痛みを軽減できる手法を採用しています。

表面麻酔

表面麻酔

麻酔注射する歯ぐきにあらかじめ麻酔薬を塗布して、感覚を鈍らせておくのが“塗る麻酔”と呼ばれる表面麻酔です。注射針が刺さるときの摩擦を軽減し、「チクッ」とした痛みを小さく抑えます。

電動麻酔器

電動麻酔器

電動麻酔器は、コンピュータ制御で麻酔薬を適切なスピードで注入できる機械です。極細の針を使用し、一定の圧力でゆっくりと麻酔薬を注入しますので、「圧力痛」と呼ばれる不快感が気にならなくなります。

重度の虫歯には根管治療

重度の虫歯には根管治療

歯の内部を通る歯髄(神経や血管の集まり)まで達した重度の虫歯は、かつては抜歯せざるをえませんでした。しかし、歯列を乱すことにつながる抜歯は口腔内環境へ悪影響が大きいため、できれば避けたい処置。そこで抜歯を避けるために登場したのが、歯の内部をきれいに消毒し、歯の根を残す「根管治療(こんかんちりょう)」です。根管治療は「歯の神経を取る治療」とも呼ばれています。

根管治療の流れ
  • 根管治療の流れ
  • 根管治療の流れ

根管治療では、歯の内部から虫歯に汚染された神経や血管を取り除きます。細菌が残らないよう洗浄・消毒したら、薬剤を隙間なく充填。最後は歯の形を整えて、コア(芯)と被せ物を装着し、歯の機能を回復させます。

根管治療を成功させるためには、精密な治療技術が求められます。三郷市の歯医者「まつお歯科」では、再治療が必要にならないよう、可能な限り一回で成功させる根管治療を行っています。根管治療は最後まで完璧に行わないと成功とは言えません。治療は長引く可能性もありますが、私たちと一緒に最後まで取り組み、大切な歯を残しましょう。

「しみる」症状は知覚過敏かもしれません

「しみる」症状は知覚過敏かもしれません

虫歯ではないと診断されたのに歯にしみる症状があるなら、知覚過敏(ちかくかびん)の可能性があります。知覚過敏は、何らかの理由で歯の内部にある象牙質が露出してしまっていることで起こります。象牙質には神経とつながる象牙細管という管があり、刺激を伝えやすいため「しみる」症状が出てくるのです。

象牙質露出の原因には、歯質の欠けや割れのほか、歯周病やブラキシズム顎関節症や咬み合わせの不具合などがあります。一口に知覚過敏と言ってもその原因によって対処法が異なりますので、気になる症状があるならお早めに当院へご相談ください。

三郷駅から通える歯医者「まつお歯科」電話番号048-950-5588土日診療 / 駐車場13台 / バリアフリー / キッズスペースあり

ページの先頭へ戻る