入れ歯のお悩みは、「まつお歯科」へご相談ください

入れ歯のお悩みは、「まつお歯科」へご相談ください

虫歯歯周病、ケガなどで歯を失ってしまったら、そのまま放置せずにすぐに歯を補う必要があります。歯を失ってしまうと、その場所に両隣の歯が倒れこんできたり、咬み合う歯が伸びてきたりして歯列が乱れる原因になるからです。

埼玉県三郷市の歯医者「まつお歯科」では、歯を失ったときに行う補綴(ほてつ)治療として入れ歯治療とインプラント治療に対応し、症例やご要望に合わせて患者様に最適な方法をご提案しています。入れ歯にもインプラントにもメリットとデメリットがあります。患者様が選択する際の参考になるよう事前にしっかりご説明しますので、安心してご相談ください。

歯を失った場所を放置することで生まれるリスク

  • 咬み合う歯が伸びてくる
  • 咬み合わせが悪くなる
  • 両隣の歯が倒れこんでくる
  • 見た目が悪くなる
  • 歯列が乱れてお口の崩壊につながる
  • 虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 顔の輪郭が変わってくる
  • 唾液の分泌が減り、自浄作用が低下する
  • しっかり噛めないため咀嚼が不足
  • 息漏れなどで正しい発音がしにくくなる
  • 胃腸など消化器へ負担がかかる
  • 肩こり・頭痛などが引き起こされることがある
  • 噛む刺激が脳へ伝わらなくなる
  • 老化や痴呆が起こる

このように、たった1本の歯を失っただけでも、放置してしまうとお口全体の健康や全身の健康に悪影響を与えます。歯を失ったら、周囲の歯への負担やさらなるダメージを軽減するためにも、歯科医院で適切な治療を受けるようにしてください。

入れ歯という選択肢

入れ歯という選択肢

入れ歯はもっともポピュラーな補綴治療の一つとして知られています。入れ歯治療は歯型を採取して入れ歯を作り、調整するといった手順ですので、患者様の身体的負担が小さいのが特徴。保険適用で作れるため、現在も多くの方が選択される治療法です。

これまでの入れ歯は、「しっかり噛めない」「目立ちやすい」「ずれやすい」など、あまり喜ばれるものではありませんでした。しかし、今日の技工物製作技術には目覚ましい発展があり、機能性でも審美性でも多くの患者様に満足していただける入れ歯が多く登場してきています。

入れ歯の種類
部分入れ歯 総入れ歯
部分入れ歯 総入れ歯
お口の中で1本から数本の歯を失った場合は、部分入れ歯となります。周囲の歯を支えとして人工歯を維持する方法です。保険適用のものでは、クラスプ(金属のバネ)を使って入れ歯を支えます。 上下いずれかの顎に1本も歯が残っていない場合は総入れ歯となります。保険適用では安価に作れますが、使い心地がよくないのがデメリット。自費(保険適用外)の入れ歯なら、快適なものが数多くあります。

現在お使いの入れ歯にご不満がある方にも、よりよい入れ歯のご提案ができることがあります。また、当院では入れ歯の修理・調整にも対応しておりますので、お使いの入れ歯に不具合がある方は我慢せずにご相談ください。こまめな調整が、入れ歯を快適に使い続けるポイントです。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯作りでは、保険適用とものと自費で作製するものを患者様のご希望でお選びいただけます。それぞれどのような特徴があるか、選択する前にしっかり理解しておきましょう。

メリット デメリット
保険の入れ歯
  • 安価に作れる
  • 治療回数が少なく、約1ヶ月で完成する
  • 修理が簡単に行える
  • 素材やタイプが限定されており、自由度が低い
  • 見た目が不自然で目立つ
  • 使用感がよくない
  • 食べ物の温度を感じにくい
自費の入れ歯
  • 素材やタイプに自分にぴったりのものを選択できる
  • 装着感・使用感がよい
  • 違和感・痛みなどがない
  • 噛む力がある程度回復する
  • 食べ物の温度を感じるものも作れる
  • 治療費が高額になる
  • 素材によっては修理・調整ができないことがある
  • 素材やタイプによっては長持ちさせられないものもある

「まつお歯科」の取り扱い入れ歯

レジン床

レジン床

保険適用で作る総入れ歯です。人工歯も口腔粘膜に触れる「床」もすべて歯科用プラスチック(レジン)で作られます。素材の性質から、強度を維持するうえで床部分にどうしても厚みが出てしまい、使い勝手や使用感がよくないのが欠点です。

金属床

金属床

レジン床の欠点を克服するために、「床」に金属を使用した薄くて軽い総入れ歯です。熱伝導率が高いため、食事中に食べ物の温度を感じやすいというメリットがあります。金属の頑丈さがあり、長期の使用でも変形などがありません。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

クラスプは金属バネのこと。ノンクラスプデンチャーは金属を使用せず、樹脂素材の特性を活かして歯ぐきに吸着させる部分入れ歯です。柔軟性があり、使い勝手がよく、装着時に見た目の違和感もありません。ただし、熱に弱いので取り扱いには注意が必要です。

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャー

使用中の入れ歯の内側(床部分)に生体用シリコンを貼り付け、お口にぴったり合わせる入れ歯です。顎が痩せて、これまでの使っていた入れ歯が外れやすくなった場合に、追加で処置ができることが大きなメリットです。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーは、顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラントによって入れ歯を固定する治療法です。通常のインプラント治療で用いられる人工歯根よりも小さなインプラント体を数本埋入します。入れ歯がしっかり固定され、快適に使用できます。

「総義歯(保険)にしたい」という声がよくありますが……

ご自身の天然歯がまだ残っているにもかかわらず、「総入れ歯のほうが、身体が楽だと聞いた」「残っている歯を全部抜いて総入れ歯にしたい」というお声が年配の方から寄せられることがあります。しかし、これは間違った情報によるものです。

総入れ歯は、すべての歯を失った方の選択肢です。健康な歯を抜いてまで総入れ歯にすることは理に適っていません。治療中の歯であっても、必要以上に歯を抜いて抜歯することはさらなるリスクを招いてしまいます。

総入れ歯にするリスク
  • 噛む力が非常に弱くなる
  • 見た目が悪くなる
  • 味覚を感じにくくなる
  • 入れ歯がズレたり外れやすくなる
  • 定期的な調整が必要になる
  • 装着時に違和感が出ることがある
  • 口腔ケアが十分でないと、誤嚥性肺炎や全身疾患を引き起こす可能性がある

このようにさまざまなリスクがあるのが総入れ歯です。なにより、一度天然の歯を抜歯してしまうと二度と元には戻せません。入れ歯による一時的な不具合は、少しずつ調整して改善していくしかありません。満足いくものが手に入るまではお辛いかもしれませんが、歯科医師と二人三脚で快適な入れ歯作りをしましょう。

三郷駅から通える歯医者「まつお歯科」電話番号048-950-5588土日診療 / 駐車場13台 / バリアフリー / キッズスペースあり

ページの先頭へ戻る