気になる歯の「色」は審美歯科やホワイトニングで解決しましょう

気になる歯の「色」は審美歯科やホワイトニングで解決しましょう

虫歯治療を重ねるにつれて銀歯の詰め物・被せ物が増え、その見た目が気になっている方も少なくないでしょう。そんな歯の見た目に関する不満を解決する歯科メニューが、審美歯科です。審美歯科治療では、見た目の向上はもちろん、咬み合わせなどの機能面の改善も図ります。

埼玉県三郷市の歯医者「まつお歯科」では、人工歯を白い素材に変える審美歯科治療に加えて、天然歯の黄ばみや黒ずみを削らずに解消するホワイトニングにも対応しています。患者様のご要望やお口の状況から最適な方法をご提案いたしますので、歯の見た目が気になっている方、改善したいと思っている方はお気軽にご検討ください。

審美歯科で銀歯を白くしませんか?

  • 審美歯科で銀歯を白くしませんか?
  • 審美歯科で銀歯を白くしませんか?

保険適用の虫歯治療では、詰め物・被せ物に使用できる人工素材に制限があります。前歯には白い歯科用プラスチック(レジン)のみ、お顔の正面からは見えにくい奥歯には銀色の金属(銀合金)が使用されます。これらには最低限の耐久性しかなく、長期的な使用で劣化や変色が起こりやすい素材です。

保険素材(レジン・銀歯)のリスクについて

歯科用プラスチック(レジン)の差し歯の場合、歯ぐきの後退とともに根本から内側の金属が見えるようになります。さらに、内側の金属から溶け出した金属イオンは歯ぐきに色素沈着を起こし、黒ずみを引き起こすことも。歯科技工士や歯科医師の技量によってはレジンでも見た目のよい技工物を作れますが、その見た目のよさは長持ちしないのです。

金属イオンが体内に取り込まれると金属アレルギーを引き起こすこともあり、最近では金属アレルギーのリスクを考えて銀歯やレジンの差し歯をセラミックの白い歯に替えたいという方も増えています。銀歯のデメリットは、見た目だけではないのです。

金属アレルギーは遅延型アレルギーのため、原因を突き止めるのに時間がかかることがあります。原因不明のかゆみや体調不良があるなら、もしかしたらお口の中の金属が原因かもしれません。まつお歯科では、セラミックを用いた金属不使用の治療(メタルフリー治療)をご提案することもできます。気になる症状がある方は、お気軽にお申し出ください。

「まつお歯科」の取り扱い審美歯科素材
オールセラミック ハイブリッドセラミック ジルコニア
「まつお歯科」の取り扱い審美歯科素材 「まつお歯科」の取り扱い審美歯科素材 「まつお歯科」の取り扱い審美歯科素材
詰め物・被せ物の素材のすべてにセラミック(陶材)を使用したものです。天然歯のような透明感と仕上がりの美しさ、調整可能な白さを備えています。 セラミックとレジンの混合素材です。審美面ではオールセラミックにやや劣りますが、天然歯のような粘り気のある硬さで咬み合う歯を傷つけません。 純度の高いセラミックブロックを専用機械で削り出して詰め物・被せ物を自動作製できるシステムです。早ければ当日中に高品質な白い歯をお口に装着することも可能です。
e-max(イーマックス) メタルボンド ラミネートベニア
「まつお歯科」の取り扱い審美歯科素材 「まつお歯科」の取り扱い審美歯科素材 「まつお歯科」の取り扱い審美歯科素材
オールセラミックと同等以上の美しさを持ちながら、かかる負荷を分散させる構造を持つ素材。美しさと耐久性を兼ね備えた、現在最高の審美歯科素材です。 金属フレームの表面に、セラミックを焼き付けた被せ物です。美しさと強度を併せ持ちますが、金属を使用しているためアレルギーの心配がある方にはおすすめできません。 前歯の表面を薄く削り、そこへつけ爪のような薄いセラミックの板を貼り付ける方法です。多少の歯の歪みや形状はこの方法で改善することができます。

天然歯の黄ばみはホワイトニングで白くできます

天然歯の黄ばみはホワイトニングで白くできます

歯の着色汚れや黄ばみが気になっているなら、ホワイトニングを検討してみましょう。ホワイトニングは薬剤を使って歯を削らずに黄ばみを漂白する方法で、「ブリーチング」とも呼ばれています。歯科先進国で歯の審美意識が高いアメリカ生まれの処置で、天然歯そのものの白さを引き出すことができます。

武蔵野線の「三郷駅」から徒歩10分の立地にある「まつお歯科」では、ホワイトニングの最新鋭の設備を導入しています。自然で美しい歯の白さを安全に手に入れたいなら、まずは当院へご相談ください。

歯が変色してしまうのはどうして?

歯の変色理由には、外因性のものと内因性のものがあります。

外因性の変色 内因性の変色

食品には色素が含まれており、色素が濃いものを口にすると歯に着色してしまうことがあります。また、喫煙習慣などで歯にヤニが付着して黄ばむこともあります。

[着色の原因となりやすい飲食物]
コーヒー・お茶・紅茶・コーラ・赤ワイン・カレー・ソース・チョコレート・ベリー系の果物

人の歯は加齢とともに少しずつ黄ばみを帯びてきます。これは、歯の表面のエナメル質が薄くなり、その内側にある黄色味の強い象牙質が透けて見えるようになるからです。

他にも、胎児の時期に母親が特定の抗生物質やフッ素などを多く摂取した場合に、歯に先天性の変色が起こることがあります。
「まつお歯科」のホワイトニングメニュー

「まつお歯科」のホワイトニングメニュー

当院では患者様のご要望にお応えできるよう、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の両方に対応しています。

オフィスホワイトニングとは?

オフィスホワイトニングとは?

オフィスホワイトニングは、歯科医院で受けるホワイトニングです。歯の表面に比較的高濃度の薬剤を塗布し、特殊な光を照射して歯の色素を分解します。歯のクリーニングから、施術のいっさいを専門家に任せることができるので、手軽で安全です。光の照射時間は20~30分ほど。短時間にご希望の白さが手に入ります。

当院では「Ken’sホワイトニング」という最新のホワイトニングシステムを採用。歯にかかる負担が小さく、施術後にしみるなどの知覚過敏の症状が出にくいのが特徴です。

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングは、ご自宅などで取り組んでいただくホワイトニングです。歯科医院で歯型を採取して患者様自身のお口に合ったマウスピースを作製、そのマウスピースへ低濃度・低刺激のホワイトニング剤を注入し、歯に一定時間装着させて歯に薬剤を浸透させます。

毎日継続すると、2週間ほどで後戻りの少ない白さが手に入ります。通院回数が少ないこと、お好きな時間に取り組めることが特徴です。もちろん、取り扱い方法や注意事項はあらかじめ歯科医師が指導しますのでご安心ください。当院では「パールホワイト」というホームホワイトニングシステムを採用しています。

スポーツ用マウスピース「アーマーバイト」とは?

スポーツ用マウスピース「アーマーバイト」とは?

ストレスで交感神経が刺激されることによって起こる食いしばりは、顎関節を過度に圧迫しています。これはストレスを軽減させるどころか、さらに身体に緊張や不安感を増幅し、注意力や集中力が低下する原因になります。

アーマーバイトは、アスリートのパフォーマンスを最大限に引き出せるよう、アメリカのアンダーアーマー社がスポーツ用に独自開発したマウスピースです。プロのアスリートだけでなく、部活動や運動を趣味にされている方も愛用されています。

アーマーバイトのココがスゴイ!
本来の身体能力を引き出す アーマーバイトをお口に装着することで、顎が本来の正しい位置になり、顎関節の圧迫を軽減。
リラックスした状態で運動に臨むことができるので、本来の身体能力を発揮することができます。
運動による疲労を軽減 口をぐっと閉じた状態よりも気道が広がり、体内への酸素摂取量が増加。集中力を持続でき、さらに運動の際も疲れにくくなるでしょう。
独自開発・特許技術 アスリートの筋力・持久力・瞬発力を最大限に引き出す形状と厚みは、15年の研究結果で導き出された「アーマーバイト パワーウェッジ」という特許技術によるものです。

三郷駅から通える歯医者「まつお歯科」電話番号048-950-5588土日診療 / 駐車場13台 / バリアフリー / キッズスペースあり

ページの先頭へ戻る